スポンサーリンク

新型コロナウィルスの感染拡大で、在宅での働き方である「テレワーク」が叫ばれています。

実は「テレワーク」と類語で、「リモートワーク」という言葉があります。

同じように思えますが、違うとしたら何が違うのでしょうか?

その辺りについて、まとめてました。

リモートワークの前身がテレワーク!

引用元:シゴトバ

テレワークは英語では、「 telework 」と表記され、「tele = 離れた所」と「work = 働く 」を組み合わせた造語です。

では、どこから離れた所という意味なのでしょうか?

テレワークという言葉や働き方が生まれたのが、1970年代のアメリカです。

当時、ロサンゼルスなどの大都市では自動車による大気汚染が大きな問題となっていました。

二度に渡る石油危機も起こったことから、これらの問題解消を目的として、自宅にいながら仕事をするスタイルとして導入されたと言われています。

つまり、多くの人がイメージする通り、テレワークは「オフィスから離れたところで仕事をする」という解釈で間違ってないと思われます。

日本に導入されたのはいつ?

日本では1984年、日本電気(NEC)により吉祥寺にサテライトオフィスが作られ、これが日本で初めて「テレワーク」が導入された例だと言われています。

当時、NECの本社は東京都港区六本木にありましたが、結婚・出産を機に退職する女性社員が多くいました。

これに歯止めをかけるため、サテライトオフィスを設置し、女性が働きやすいようにしたことがきっかけのようです。

1984年はインターネットが普及し始めたころで、1人1台のパソコンが割り当てられた働き方も、斬新な働き方として話題になりました。

その後も、テレワークは女性の働きやすさだけでなく、少子高齢化などで労働人口の減少が危惧されることから、在宅でもできる働き方として広がってきました。

次にリモートワークについても説明したいと思います。

リモートワークの特徴とは?

引用元:ザグーワークス

リモートワークですが、あえて言えば、リモートワークは「チームで働くという意味合いが強い」と言えるかもしれません。

リモートワークは、 ITエンジニアやWebデザイナーなどのスキルを持った人が、ITツールやインターネットを使ってオフィス以外の場所で仕事をする場合が多いと言われています。

この場合、専門のスキルを持った人たちがチームを組んで、プロジェクトを進める場合が多く、チームメンバーが同じ場所にいる必要もないため、チャットやメールなどでコミュニケーションを取っていきます。

まとめると、テレワーク=個人、リモートワーク=チーム、の意味合いが強いと思われますが、言葉の意味はほとんど同じです。

テレワークが使われている理由は?

引用元:福井新聞

では、なぜリモートワークではなく、テレワークという言葉を使われているかと言うと、 テレワークを導入した企業に対して、国から助成金が出る制度があります。

その助成金の名前が「職場意識改善助成金(テレワークコース)」となっていることなどから、政府も「テレワーク」 という言葉を多用しています。

その為、テレワークという言葉がこれからも使われていくと思われます。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク