よく、警察というと、「制服をきたお巡りさん」で、刑事は「私服を来て事件を捜査している人」みたいなイメージがありますよね。

刑事ドラマなんかも人気ですよね。

今回は警察と刑事について書いてみました。

警察について

警察とは、 市民の生活の安全や命や財産などを守るために活動する治安維持組織のことで、これに従事する公務員を警察官と言います。

警察は各都道府県に別れており、その都道府県警察を統括しているのが、警察庁という役所です。

警視庁は一言で言うと、「東京都警察」のことで、役割は各都道府県(●●県警など)と同じです。

各都道府県のトップは「●●県警本部長」という役職(階級)ですが、警視庁だと「警視総監」がこれに該当します。

警視庁は首都:東京の治安を守る警察であるため、各都道府県よりも格が上であり、警視総監は警視庁のトップにしかない役職(役職)です。

警視総監の任命・罷免には内閣総理大臣の承認も必要とされています。

ちなみに東京の警視庁の本部の隣に、警察庁の建物があります。

警察を担当セクションごとに分けると?

警察もいくつかの担当分野に分かれており、

  • 生活安全部門(主に少年事件やストーカー被害などを担当)
  • 地域警察部門(いわゆる交番勤務のお巡りさん)
  • 警備部門(要人などの警護。SPとも呼ばれています)
  • 総務(警務)部門(警察の広報、会計、福利厚生などを担当。一般企業にもありますよね)
  • 交通部門(事故処理や速度違反取締を担当)
  • 刑事部門(殺人事件などの凶悪犯罪を担当)

要するに警察の中に刑事がいるということで、刑事も警察官です。

「そんなの当たり前じゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、意外に分かりずらいんですよね。

次に刑事について書いてみました。

刑事について

刑事とは、刑事事件(殺人、強盗など)を操作する警察官のことです。例えば、機動捜査隊、捜査○○課などがこれにあたります。

刑事は、私服やスーツで行動することが多いです。

なぜなら、犯罪の捜査や犯人の逮捕などを行う際、警察だとバレてしまっては、犯人に気づかれてしまいますよね。

ちなみに、スーツ代は支給されるようです。

ちなみに犯人逮捕のために聞き込み、鑑識活動、盗品捜査、張り込み、証拠品捜索、取り調べなどを行うのも刑事の仕事です。

また、刑事は捜査会議用の報告書類を作ったり、被害者届を処理、上司や警察に提出する書類などを作成したりするデスクワークも行っており、日頃から武道の鍛錬や犯人制圧の訓練なども欠かしません。

刑事ドラマだと派手でカッコいいイメージの「刑事」ですが、実際は地味でかなりの重労働で、担当地域で殺人事件などが起こると事件が解決するまで帰宅できないと言われています。

刑事は他の警察官に比べて、危険なことが多い(犯人などに襲われる危険がある)ので、給料は高めです。

刑事になれるのは、優秀なエリートだと思われがちですが、適正なども考慮されるそうです。

でも、判断材料として、警察官としての実績が必要なのは間違いなさそうです。

刑事の種類とは?

刑事を細かく担当別に分けると、

  • 刑事部捜査一課(殺人、強盗などの事件を担当。刑事の中でも一番人気)
  • 刑事部捜査二課( 詐欺、横領、脱税、通貨偽造などの主に知能犯を担当)
  • 刑事部捜査三課( 空き巣、盗難、ひったくりなどの窃盗事案を担当)
  • 組織犯罪対策課(暴力団の取り締まり。薬物や銃器なども扱う)
  • 鑑識課( 事件現場で指紋や消耗品を集めたり、現場の写真を撮影 )

おおまかに分けてみましたが、組織犯罪対策課が捜査四課と呼ばれている都道府県警察などもあるので、名称は各都道府県警察で多少の違いがあると思われます。

以上、「警察」と「刑事」について書いてみましたが、刑事も警察官と考えて見てみれば、刑事ドラマや警察特番などのテレビ番組も見方も変わってくるかもしれませんね。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。