スポンサーリンク

こんにちは。

ひな祭りの歌って全部ご存じですか?
私は1番はカンペキなのですが、2番からだんだんと自信がなくなってきて・・・
全部で4番まであるんですよ!
4番なんて歌詞なしでは歌えません(^^;)

3歳になる私の息子のためにも
いろんな歌を聴かせてあげたい。
願わくば一緒に歌いたいなんて淡い妄想を繰り広げております

そこで、今回はひな祭りの歌について調べてみました。
そして今後必ずややることになるであろう歌詞を模造紙に書く場合に
どのように取り組んだらよいかについて調べていきますね。

ひな祭りの歌の題名は、「うれしいひなまつり」だった!

私は41年間生きてきましたが、題名を存じませんでしたわ。皆さん知っていました?

「うれしいひなまつり」の作曲家は河村光陽(かわむらこうよう)さん

出典:http://www.fukuoka.com/akaike/senjin/

昭和の戦前から戦中に活躍された作曲家さんで
代表作はほかに「かもめの水兵さん」があります。

 

作詞家はなんとサトウハチローさんでした。

出典:http://www.1242.com/

 

サトウハチローさんは童謡作詞家でいらっしゃいます

代表作はほかに「ちいさい秋みつけた」「リンゴの唄」「長崎の鐘」などがあります

わたしが知らないだけで
これはきっと多くの方がご存じである一般常識なのかもしれませんな。

 

「うれしいひなまつり」のひらがな歌詞は?

さて、ここで「うれしいひなまつり」の歌詞について書こうと思っていたのですが、
著作権の関係でサイトに記載することができません!

没後50年経つと、著作権が消失するのですが、
サトウハチローさんは1973年に亡くなっているので、
まだ50年経っていないんですね。

このサイトでは紹介できませんが、
「うたまっぷ」というサイトでひらがなで記載されているので、
そちらをご覧下さいね

 

覗いたら戻ってきてくださいね~w

うたまっぷ「うれしいひなまつり」

 

 

いかがでしたか?

けっこう間違えて覚えているところありませんでしたか?

わたしは2番の

およめにいらした ねえさまに よくにたかんじょの しろいかお

出典:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=58404

っていうところ。

「官女」の顔がお嫁さんにきたお姉さんに似ていたんですねぇ。

わたしは「三女」と思っていましたよw

 

模造紙に歌詞を書くには?

「うれしいひなまつり」のひらがな歌詞がわかったところで、
幼稚園や介護施設などでみんなで歌いましょうっていうときに登場するのが模造紙!

私も介護士を経験したことがあって、
模造紙に書かれた歌詞を見ながら歌ったことがあります。

今はもう介護士はやめてしまったのですが、
3歳でこども園に入る息子がいるので、
保護者会などで模造紙に書くと言うこともありそうです。

そこで、みやすい配置と書き方を調べてみました。

 

  1. 毛筆で書く・・・毛筆で書いた方がマッキーよりも遠くの人が見やすいのだそうです
  2. 文字の大きさは1文字10センチくらい・・・遠くまで見える大きさです。
  3. 節ごとに改行する・・・「あかりをつけましょ ぼんぼりに」まできたら改行する。見やすいですね。
  4. 模造紙の裏側の4辺に布テープを貼って補強する・・・壁に貼る際の保護になります。
  5. 書いた模造紙を4つに折り、左上に歌の題名を書く・・・複数の歌を見分ける時間が省けます

 

特に2の文字の大きさについては、いちいち計るのが面倒ですよね。

だから、マス目の付いている模造紙がオススメです

 

これなら5センチ四方にマス目があるので、
4マス使えば10センチ四方になります。

このマス目があるだけで、
まっすぐ書かなくてはいけない!っていうプレッシャーからはかなり解放されるのではないでしょうか?

 

わたしが保護者会役員になったら、
これ買ってもらおう♪

 

 

「うれしいひなまつり」無料でダウンロードできるの?

 

 

最近3歳になる息子がピアノを弾くマネをしてきました。
童謡の楽譜本を買うまではいかないかなぁと感じているのですが、
何か子供の知っている曲を弾いてあげたいなぁと思ったことがあって、
ひな祭りの歌について調べてみました。

冒頭でも書きましたが、ひな祭りの歌の正式名称は「うれしいひなまつり」となっています。

今ではネット検索もハイレベルになってきているので、
「ひな祭り 歌」で検索すれば出てきますが、
自分の思っていなかった曲にもたどりつくことがあるので
正式名称で検索できればすぐにみつけることができますね。

「うれしいひなまつり」という曲は作曲家の河村光陽さんによる作品で
現在著作権フリーとなっているので、楽譜については無料でダウンロードできるものもあります。

しかし、歌詞の部分は作詞家のサトウハチローさんによるもので、
こちらはまだ著作権保護中となっています。

ですので、歌詞が表示された楽譜をダウンロードしたい場合は、
購入する必要があるようですね。

ちなみに著作権フリーとなる没後50年は2023年となっています。

 

もしパソコンの画面で見るだけでいいよっていう場合は、
おとタマ」さんで利用する事が出来ます。(印刷はできません

オカリナ楽譜配信サイト「おとタマ」

 

歌詞は自分で書くからなくてもいいよっていう方は、
こちらの「音楽研究所」さんで入手することができます。

音楽研究所

こちらのページで画面を下に送っていくと、
楽譜の表示と印刷」という箇所があります

ここで「楽譜 PDF」をクリックします

出典:http://www.asahi-net.or.jp/

「楽譜」でも見られるのですが、「楽譜PDF」の方が見やすかったので、キローコはこちらを選びました。

歌に入りやすいように、音楽研究所さんがイントロと間奏を簡単にアレンジしてくださっているそうです。

 

楽譜が表示されたらキーボードの「Ctrlキー+P」で印刷すればOKです。

 

ピアノのお稽古させたいとかがっつり練習したいってわけではないので、
私はこちらの楽譜を使わせていただいて、
人差し指で弾いてあげていますw

 

便利な世の中になりましたねぇ。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク